バナナグローブスタジオについて

雑誌や書籍、ロゴやグッズのデザイン及び近年のデジタル化に伴い、
アプリデザインやプロモーション動画、WEBなども手がけるデザイン会社です。
この度、おかげさまで創立39周年を迎えることができました。
経験豊富なデザイナーや新鮮な発想力を持つデザイナー、正確で迅速なDTPオペレーターなど個性豊かなスタッフ達がマンパワーを発揮しつつ、読者のニーズの多様化に応えるべくウィットに富んだデザインを心がけます。

  • mission
    クライアントの意図を共有し、
    デザインで伝え、読者の心を満たす事。
  • vision
    実績と伝統的なデザインはもちろん、
    常に斬新なデザインにもチャレンジし、
    時代のニーズや変化に対応する。
  • value
    デザイン、仕事に情熱を傾け、礼儀正しく、
    社内外ともにパートナーを大切にする。

history

スマートフォンもネットも無い時代、1978年。暮れも押し迫る晩秋。
街ではピンクレディーの「UFO」や「サウスポー」が流れていました。

新宿・世界堂の裏にあった細長いビルの5階(エレベーターなし)にある
「ケン・アート」という写植屋さんの片隅で、20代半ばの2人の男が社名を考えていました。

社名の「バナナ」は、70年代後半からブームになっていた、トロピカルドリンクから
フルーツの名前を上げている内に自然に浮かんできました。
「バナナ」の音の並びが発音しやすく、元気よく感じたのです。
デザインスタジオを自負していたので「バナナスタジオ」……何か物足りません。

突然、榎本が指を広げ、「グローブはどうよ!」。バナナの房からグローブを連想したのです。
「バナナグローブスタジオ」……どんな依頼もナイスキャッチ。  いいかも!

辞書で調べてみると2つのグローブがありました。野球のグローブは「GLOVE」(グラブ)。
もうひとつのグローブは「GROVE」。マングローブで知られていますが、木立や林の意味でした。
「グラブより林のほうが木が増えそうだ」と前向きな理由で、バナナの林……

「BANANA GROVE STUDIO」となりました。

本来、多くのスタッフの献身的な働きのおかげで、今に至ります。

company

  • 会社名
    有限会社バナナグローブスタジオ
  • 所在地
    〒101-0051
    東京都千代田区神田神保町3-29
    神保町3丁目共同ビル2階
  • 電話
    03-3222-8775(バナナGo!)
  • FAX
    03-3222-8776
  • 代表取締役
    阿部亮爾
  • 取締役専務
    志村謙
  • 設立年
    1980年11月6日
  • 社員数
    40名(2021年4月1日現在)
  • 事業内容
    雑誌、単行本等のエディトリアルデザイン
    広告等のグラフィックデザイン
    キャラクター・グッズ等の商業デザイン
    主に漫画などのプロモーションビデオ制作

主要取引先企業

  • ㈱アース・スターエンターテイメント
  • ㈱秋田書店
  • 朝日新聞出版㈱
  • ㈱アニプレックス
  • ㈱アルテピアッツァ
  • ㈱一迅社
  • ㈱ウェッジホールディングス
  • ㈱NHKエンタープライズ
  • ㈱宙出版
  • ㈱KADOKAWA
  • ㈱学研プラス
  • ㈱学研プロダクツサポート
  • ㈱樹想社
  • ㈱キャラメル・ママ
  • ㈱幻冬舎
  • ㈱講談社
  • ㈱集英社
  • ㈱集英社クリエイティブ
  • ㈱小学館
  • ㈱小学館集英社プロダクション
  • ㈱ジ・アース教育新社
  • ㈱実業之日本社
  • ㈱スクウェア・エニックス
  • ㈱竹書房
  • ㈱ディー・エヌ・エー
  • ㈱電通
  • 東宝㈱
  • ㈱徳間書店
  • パーソルメディアスイッチ㈱
  • ㈱白泉社
  • ㈱双葉社
  • ㈱ぶんか社
  • ㈱ホーム社
  • ㈱マイクロマガジン社
  • ワーナー ブラザース ジャパン合同会社

contact

デザイン・制作に関するお問い合わせ

recruit

一緒に成長できる仲間を募集しています

access

バナナグローブスタジオ

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町3-29 神保町3丁目共同ビル2階
GoogleMapで見る

都営新宿線、都営三田線、東京メトロ半蔵門線
神保町A1出口より徒歩3分

TEL:03-3222-8775/FAX: 03-3222-8776